GMOファンの株主優待ブログ 新着投資|生活|社会 メール

イールドカーブからロールダウン戦略を考える。

2012/07/15 【投資全般】

イールドカーブの形状が急で変動も低い日本国債は、ロールダウン戦略が有効。現在は5年債の金利を、政治的に低下させているので、10年債を5年後に売却する戦略が良いと思う。

【日本国債でロールダウン効果の戦略と見通し】

  1. 残存期間10年国債を購入し、1年後に売却する場合を考える。(イールドカーブは不変とする)
  2. 10年国債(利回り0.849%)は1年経過すると、債券価格は1%程度上昇する。
  3. 残存期間9年国債の市場の利回り(0.724%)よりも、利回り0.849%の方が魅力が有るからだ。
  4. 1年で0.849%%の金利も得ているから、合計1.85%のリターンが期待できる。

【日本国債のイールドカーブと残存期間別の利回り】
(5年0.220% 8年0.575% 9年0.724%  10年0.849% 15年1.660% 20年1.660%)

日本国債イールドカーブ
 ブルームバーグより

【投資全般 のカテゴリ】