GMOファンの株主優待ブログ 新着投資|生活|社会 メール

年金は最小限に改革するべき

2014/03/25 【年金】

【年金改革の具体例】

  1. 65才以上から全員に、月額6万円を支給する。
  2. 資産1千万以上・収入10万以上は支給額を減額する。
  3. 国民年金は全額税金で賄う。
  4. 厚生年金・共済年金・国民年金基金などは、納付額を返還して解散する。

社会保障費が年々増加するので、65才以上の夫婦に月額30万などの年金支給は難しい。国が補償する部分は最小限にしないと、現役世代に負担がかかり過ぎる。

しかし、現実的には現役世代がギリギリまで負担をかけられる事になるだろう。高年齢のフリーターや無職の人など下位20%の人は、実質的に切り捨てられる予感がする。そう考えると、自分の可能な範囲で、貯蓄・節約をするべきである。

社会保障費は年々増加するので、「夫婦で月額30万」などの年金支給は難しい。国が補償する部分は最小限にしないと、現役世代に負担がかかり過ぎる。だが、ギリギリまで負担をかけられる事になると思う。

高年齢のフリーターや無職の人など下位20%の人は、実質的に切り捨てられる予感がする。だから、前もって出来る範囲で「貯蓄・節約」をするべきだ。

【年金 のカテゴリ】