GMOファンの株主優待ブログ 新着投資|生活|社会 メール

徳川家康は影武者と入れ替わっていた。

2013/03/01 【歴史】

【民間史論家・村岡素一郎氏の主張】~著書「史疑」より

  1. 「桶狭間の戦い」の頃、家康は死亡し「流れ者の世良田元信」と交代した。
  2. 松平信康・築山殿(家康の子と妻)の殺害は、家康が替玉だと納得できる。
  3. 公平な歴史学者「重野安繹」が有力な説だと認め、序文を書いている。
  4. 「守山崩れ」は家康祖父の事件とされているが、本当は家康が死んだ事件のカモフラージュである。

氏の主張は「検討に値する説」だと思う。「影武者説」が真相でも、証拠は徳川家によって隠滅されている。だが、450年前の事だから、古文書などもかなり現存している。研究が進む事を期待したい。

【歴史 のカテゴリ】