GMOファンの株主優待ブログ 新着投資|生活|社会 メール

「黒田アクティブジャパン」は辛抱強い。

2013/04/22 【アクティブファンド】

【黒田アクティブジャパンの運用方針】

  1. じっくり割安銘柄に投資し、売りあがりながら、小まめに利益確定する。
  2. 「王将・朝日ネット・ユニデン」などの中型株が投資対象。
  3. ネット関連銘柄よりも「需要が安定している銘柄」を選択。
  4. 8年間で「TOPIX・ジャスダック指数」より30%勝っている。

運用レポートを継続的に読んでいるが「適切な運用」を続けている。だが、ファンド設定日が相場のピークで、3年間も基準価格が下げ続けた為、預かり資産額が減り続けている。信託報酬率も1.5%で多少割高である。

しかし、これからの数年は「堅実で成長性のある銘柄」が、高値を付けていく場面になりそうである。「黒田アクティブジャパン」は手堅い成績を残すと思う。

(追記) 2014/11/14
割安堅実株だけでなく「グロース・モメンタム株」にも投資対象を広げて来ている。この「投資スタイル変更の柔軟な判断」は有って良いと思う。だが、運悪くここから下落相場に突入すれば、「黒田アクティブジャパン」は償還になるだろう。

【アクティブファンド のカテゴリ】