GMOファンの株主優待ブログ 新着投資|生活|社会 メール

高値圏の株価調整が、半年以上続くと暴落する。

2012/09/08 【投資の過去ログ】

2008年5月時点で、株式の含み損が-30%である場合を考える。2006年末に全部売却すれば、この問題は起きる事は無かったが、「自分の投資判断ミスを認め、半分だけ売却する事」が現実的な方法だと思う。

【株価が大暴落する時の特徴】

  1. 景気は5~7年で循環し、成熟経済では、株価は元の位置に戻る銘柄が多い。
  2. 高値圏で株価調整が半年以上続くと、諦めて換金売りする人が多くなる。
  3. 米国では企業決算や税金対策の売りが、9月10月に多くなる。

【2008年5月の相場状況(サブプライムショックの8ヵ月後)】

  • 高値から35%下げてからのリバウンドが、戻り売りによって押し戻された。
  • 「世界経済が新興国を中心に拡大するので、日経平均12000円の今が底値」とのコンセンサスが有った。
  • チャートが崩れて相場の雰囲気は悪いが、売却後に株価が戻ると買い直すのは難しい。
  • 日経平均20008年5月頃

    【投資の過去ログ のカテゴリ】