GMOファンの株主優待ブログ 新着投資|生活|社会 メール

書評 「福澤桃介式」

2015/01/09 【投資本】

【本書の内容】

  1. 株高になると、事業が盛んになり国が富む。
  2. 勤倹で金を貯め、貯金より株式投資する。
  3. 人に頼り信念が曲がると、将来性が無くなる。
  4. 生活に困らない資産が有って、初めて「真の独立」が出来る。

本書の主題は「人生訓・明治後期の社会経済」であり、「相場師・投資法」のページは3割程度。資本主義が導入され、努力するほど社会が発展し、投資すれば資産も増えた。その当時の状況が良く分かる。

だがその後、金本位制の欠陥と格差拡大により、経済停滞が長期化する。社会全体を考えて、「強者の既得権の制限」が必要だった。その教訓から考えて、パチンコ税の創設は正しいと思う。

【投資本 のカテゴリ】