GMOファンの株主優待ブログ 新着投資|生活|社会 メール

日本のディフェンシブ株はもっと評価されて良い

2012/10/01 【投資の過去ログ】

【前回の好景気(ライブドアショック当時)の相場状況】

  1. 株式が高値圏で、割安株は無くなっている。
  2. 景気よりインフレ抑制が優先されて、金利が高く誘導された。
  3. 円安がある程度進んでおり、海外投資は割高である。

ライブドアショック(2006年1月)の時期以降は、現金化して大暴落まで待機するのが正解だった。しかし、国債残高は年々増加しており、次の好景気では、「現金化して待機する戦略の安全度」は、更に低くなっている。

世界景気が持続され、国内でインフレが許容されていれば、別の結果になる可能性はある。「ニトリ」「花王」「楽天」などのディフェンシブ株は、その様な状況でも、まだ安全だと思う。日本のディフェンシブ株は、もっと評価されても良いと思う。

【投資の過去ログ のカテゴリ】