GMOファンの株主優待ブログ 新着投資|生活|社会 メール

コモディティファンドは「商品価格の変動」以外も重要

2012/06/15 【投資の過去ログ】

【コモディティファンドのリターンの3要素】

  1. 商品の価格変動。
  2. ロールオーバーでの損益。(期近から次限月に乗り換え続けるための値差が発生)
  3. 債券運用益。(証拠金以外の95%は安全な短期債券で運用)

35年間(1970~2005年)で、1が3.3%、2と3の合計が9%のリターン。商品本来の価格変動より、その他の要因が大きい。

生産業者のリスクヘッジ・商品の保管費用などの要因で、バックワデーションが続いていた。バックワデーション(商品価格が先安)では、ロールオーバーで収益が発生する。

短期債券も高金利だった。現在は投資資金の過大な流入によって、コンタンゴ(商品価格が先高)になっている。短期債券も低金利なので、今後の投資先として良くない。

【投資の過去ログ のカテゴリ】