GMOファンの株主優待ブログ 新着投資|生活|社会 メール

「クラブオフ」には、無料加入して置こう。

2017/04/08 【節約】

【福利厚生代行サービスの特徴】

  1. 「クラブオフ」「ベネフィットステーション」が有力で、割引特典も多少の違いが有る。
  2. 「ベネフィットステーション」は、月額324円で個人加入できる。
  3. 手間も考えれば、「月会費」を払ってまで加入したくない。
  4. 「クレジットカード」「保険」「プロバイダ」などから、無料加入できる。
  5. 「マクニカ富士・毎日コムネット」の「株主優待」でも、無料加入できる。

私が普段利用している店は、「福利厚生代行サービス」の割引対象外である。だから、気を付けて居ても、節約出来る金額は年間1500円位だろう。だが、私は「株主優待」経由で、無料加入する予定である。

私の場合の例だが、ドヤ街に流れる状況になれば、必要になる。ビジネスホテル加賀(一泊1500円)は、クラブオフで宿泊補助200円が付く。現状は使わなくても、少しの手間を掛けて、備える価値は有る。

【節約 のカテゴリ】