GMOファンの株主優待ブログ 新着投資|生活|社会 メール

浅井長政は、家臣に甘過ぎた。

2015/12/13 【歴史】

浅井長政は織田信長の妹婿で、信長と関係も良好だった。だが、織田家と同盟を続けても、領土拡大が見込めない事などから、家臣団が反織田に傾いた。そして、浅井長政は信長と離反し、朝倉家との同盟を選んで滅亡した。

織田・朝倉の合戦には不干渉で、反対する家臣は追放するべきだった。足利尊氏も家臣に甘く、家中が乱れた。徳川家康は、家臣に対してケチとされている。だが、それは必要な事なのだ。

【歴史 のカテゴリ】