GMOファンの株主優待ブログ 新着投資|生活|社会 メール

ANAを優待目的で長期保有するなら、優待改悪後に買うべき。

2012/09/11 【投資の過去ログ】

再上場するJALの株主優待は、ANAの4分の1程度の利回りである。ANAは増資の予定が無ければ、株価を高値で維持する必要は無いので、優待改悪を2年以内にすると思う。優待目的で長期保有するなら、その時が買うチャンスである。

【ANAの増資と今後】

  1. 2006年・2009年・2012年の3回の増資で、株数が2倍希薄化。
  2. 株主資本比率が35%に回復し、再増資の可能性は低い。(世界のエアラインの平均は30%、JALは35%)
  3. 圧倒的に個人株主が多く、株主優待の魅力が株価に直結する。

【投資の過去ログ のカテゴリ】