GMOファンの株主優待ブログ 新着投資|生活|社会 メール

リチャード・クー氏の2014年の提言。

2014/11/02 【政治経済】

【リチャード・クー氏の提言】

  1. デフレの原因は借り手不足なので、量的緩和で景気が良くなるのは誤解。
  2. 海外投資家の誤解で株高になり、消費や投資が上向いたのはラッキー。
  3. アベノミクスの「公共投資・TPP・規制撤廃」は、借り手を増やすので良い。
  4. 長期金利上昇で景気悪化する為、物価上昇しても量的緩和縮小は困難。
  5. スイスを見習って、お金持ちを優遇すれば、日本経済が上手く回る。

緩い政策で経済を温めて、同時に構造改革を目指す提言である。クー氏の提言は非常に有用だが、痛みの伴う具体的な事は積極的に言わない。植草一秀氏が逮捕された事で、警戒しているのだろうか。

(追記) 2014/11/16
「痛みを伴う提言」が少ない理由は「構造改革優先で財政出動が疎かになる」と更に不況が深刻化するからだ。クー氏著の『バランスシート不況下の世界経済』 (2013年)を読んで納得した。

【政治経済 のカテゴリ】